月次決算書のすすめ

こんなお悩みをお持ちの経営者の方は、多いのではないでしょうか?

  • 会社の利益状況がわからず不安になる
  • 帳簿上利益が出ていてもお金が残らない。経営者である自分でも不思議に思うことがある
  • 申告期限ぎりぎりにならないと利益や税額が分からなくて納税が大変だ
  • 業績の振り返りができず、改善につなげられない
  • 幹部や社員に見せる資料がないため、危機意識を共有できない

月次決算書とは、会計データを図やグラフにし、業績を見える化した書類のことです。
会社を経営するためには、会社の現状を把握する必要があります。
しかし、数字が並んでいるだけの試算表を見て会社の現状を把握することは難しいです。
そこで、「数字が苦手」な方でも内容が一目でわかる月次決算書が必要になると考えております。
月次決算書は経営の品質を上げようとする経営者をサポートする書類なのです。
(PDFデータやExcelデータでの納品も可能です)

 

月次決算書
グラフを見るだけで売上や利益の現状を把握できる
利益と現金の関係がはっきりするため、お金がどれだけ残っているかについて納得できる
前月の結果が一目でわかり、次にどう行動すべきかを判断する検討材料になる
数字の読み方・使い方を毎月勉強できるため、数字に強くなり、意識も高まる
幹部や社員との会議資料として利用できるので、目標や危機感を共有できる


※ 月次決算書は、基本的に訪問回数に合わせて作成させていただきます。訪問がない月でも月次決算書を作成してお渡しすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

月次決算書とは、
こういう資料です。

さの会計で取り扱う月次決算書の一部をご紹介します。

monthly-statement03

売上高三期比較グラフ

前々期・前期・当期の比較をグラフにして売上の変化を見ます。粗利益、固定費、経常利益についても同様のグラフがあり、業績の現状や変化を把握できます。

※ 三期比較ではなく、予算実績比較グラフに変更することもできます。前期・当期・予算(目標)という比較を行うことで予実管理が可能になります。

monthly-statement01

売上高・粗利益累計グラフ

売上高と粗利益の期首からの推移を見ます。三期間について比較することで事業の状況を確認することができます。売上高と対比して粗利益も見える化し、採算の確認も行います。

固定費と経常利益についても同様のグラフがあり、決算でどのくらいの利益になるか、視覚的にわかりやすく検討を行うことができます。

monthly-statement07

未来会計図表

損益の構造が図解されており、「どの部分を改善すれば利益が出るか」を考えるときに役立つ資料です。損益分岐点比率で総合判定しているため、業種に関係なく収益状況を評価できます。
未来会計図表の中に、売上高経常利益率や労働分配率も表示しております。

monthly-statement08

キャッシュフロー計算書

「稼いだ利益はどこにいったのか?」会社を経営していると、必ず一度は思う疑問です。会計上の利益をスタート、現預金の増減額をゴールにして、増減するキャッシュの内訳を確認することができます。
フリーキャッシュフローで借入金の返済ができているかというポイントも一目瞭然で分かります。

月次決算書の構成例

  • 売上高・粗利益累計グラフ
  • 固定費・経常利益累計グラフ
  • 売上高三期比較グラフ(売上高予算実績比較グラフ)
  • 粗利益三期比較グラフ(粗利益予算実績比較グラフ)
  • 固定費三期比較グラフ
  • 経常利益三期比較グラフ(経常利益予算実績比較グラフ)
  • 未来会計図表
  • キャッシュフロー計算書
  • 月次推移損益計算書
  • 三期比較損益計算書
  • 合計残高試算表(損益計算書)
  • 合計残高試算表(貸借対照表)
  • 資金別貸借対照表

サポート体制

ご契約内容などにもよりますが、月次決算書は担当者がお持ちして直接説明させていただくのが一般的です。図やグラフでまず全体を確認し、気になる点を数字で確認します。

月次決算書の帳票はカスタマイズ可能です。次のような帳票も作成可能ですので、お気軽にご相談ください。

  • 年計グラフ(売上・粗利益・固定費)
  • 経常利益・営業C/F年計グラフ
  • 月次キャッシュフロー計算書
  • 財務諸表構成図、財務諸表比較図
  • 損益分岐点分析グラフ
  • 部門比較損益計算書
  • 売上高科目別三期比較グラフ
  • 1人当たり粗利益(経常利益)グラフ

月次決算書の活用方法

monthly-statement01
取締役会や幹部会議での業績資料

月次決算書は、主に経営者向けの書類とされていますが、その他取締役陣にとっても会社の損益状況や問題点を共有する上で、とても有効な資料です。社員に公開しても問題なければ、全体会議の資料としてそのままご利用いただけます。

monthly-statement02
銀行とのコミュニケーションツール

当所がお渡しする月次決算書は、銀行に提出する書類としてももちろんご利用いただけます。
(従来型の試算表もご用意できます)
銀行の担当者から質問があれば、みなさまに代わり、さの会計が回答いたします。

対応ソフト

弥生会計 弥生オンライン MFクラウド freeeをご利用の方が対象です。
弥生会計は弥生ドライブにてデータ共有させていただきます。

なお、別のソフトから上記の会計ソフトに変更してくださる方は、さの会計が無料で初期設定いたしますのでお気軽にご相談ください。

TOP